甲武キャンプ村を現地取材!1泊2日で遊んできたからレビューする!

2016年9月24~25日の2日間で山梨県にある
甲武キャンプ場に行ってきました。

ここには男女22人でいったのですが
物凄く良すぎました。

僕らは全員東京や千葉などの都会に
住んでるのでほぼ全員キャンプ初心者なわけです。

そんな僕らでもここのキャンプ場では
圧倒的に楽しめたんですね。

ですので今回は
「僕が甲武キャンプ場をオススメする理由」
というテーマで記事を書いていこうと思います!

それでは早速行きましょう!

スポンサードリンク

甲武キャンプ場オススメポイント

まずはYouTubeをチェック!

圧倒的自然


ここのキャンプ場は奥多摩駅から
バスで40分ほどのところにあり、
結構山です。

ありきたりな表現ですが空気がうまいです。
東京に住んでる人は
この自然を是非体験してみてほしいですね。

またキャンプ場の横には川も流れていて
最高に気持ちいいですよ。

水温は低めなので
夏の川遊びにピッタリですね。


キャンプ
場のスタッフさん素晴らしい

ここのキャンプ場のスタッフさんの
気配りは最高な気がします。

僕らがカレーの火起こしで苦戦しているとき
ここのスタッフのおじさんがススッときて
つけ方のレクチャーをしてくれました。

蒔も火をつけやすいよう
細くカットしてくれありがたいかったです。

僕ら都会っ子は
アウトドア系には
慣れてないので助かりましたね。

またキャンプファイヤーの準備も
スムーズに行ってくれました。

キャンプ前にもメールでの
問い合わせたのですが
送って30分ほどで
詳しい問い合わせのアンサーが
返ってきたり、

キャンプ場周辺の
オススメスポット情報も添付してくれたりと
何から何まで素晴らしかったです。

雨でも安心、屋根付き炊事場

 

僕らが行った24日はあいにくの雨。
料理をする予定があって不安でしたが
全然大丈夫でした。

キャンプ場の真ん中らへんにある炊事場。
ここで料理出来ます。

僕らはキャンプ場で
本格キーマカレーを作ったのですが
火を起こすところも大量にあったし
野菜を切ったり洗ったりする場所も
広々していたのでスムーズに料理することが
出来ました。

 

スポンサードリンク


 

広い屋根付き食堂

22人でいったので
みんなでご飯食べるところあるかなぁ?
なんて思ってたんですが
その心配は無用でした。

炊事場から
20メートルくらいのところに
屋根がついてる食堂があります。

僕が行った時には
このタイミングで豪雨でしたが
雨漏れなどせず快適に
みんなで作ったカレーを食べることが出来ました!

バンガローめっちゃいい。


僕らは22人、
広場エリアの3部屋を借りたのですが
結構良かったです。

こういうのってなんか
汚いイメージあるじゃないですか?

心配無用。
綺麗に掃除されてていい感じでした。

借りた中で
10人用のフローリングの
バンガローがあったのですが
これオススメです。

部屋が木のいい感じの香りがするし
バンガロー前に
屋根がついたデッカい机もあります。
借りるならここがオススメかと思います。

ちなみに
どこの部屋もコンセントがあったので
スマホも充分使えますよー!

何気にWi-Fi飛んでる

ここの本部にWi-Fi飛んでました。
ネット系のお仕事の人は
ありがたいかなと思います。

近くの温泉「のめこい湯」が神

雨の中ドッジボールと
プニプニボール野球を楽しんだ僕らは
甲武キャンプ場から歩いて20分ほどの
ところにある「のめこい湯」へ向かいました。

意外と遠いですが
皆と話しながら行けば直ぐです。

横には道の駅的なところも併設され
ソフトクリームも食べることが出来るみたいですよ。
僕の仲間は風呂入る前に食べてましたが。。

で肝心の温泉の方ですが、
めちゃくちゃ良いです。
神ってます。

ドームの中にあるお風呂、
自然を感じれる気持ち良い露天風呂、
ぬるっとした湯当たり?で
運動して疲れた体に染み渡りました。
なんか肌がスベスベになる感があって良かったですー。

で更にはサウナもあるんですよ。
これがまた最高。
僕は2セット入りましたね。
その後の水風呂も神。

入浴後は畳のスペースで
少しばかりの休憩。
アイスの自販や氷結、ビールの自販も
あるのでゆっくりできます。

しかも凄いのがここって400円
利用できるんですよ。
これってやばくないですか?

東京とかって普通の変な銭湯とかでも
800円とかするからね。
もうのめこい湯やばいっすよ。
コスパ最高。

僕らはギリギリにいったので
やってませんでしたが
普段はお食事処的なものもやってて
ソフトクリームも食べれるらしいですよー。

営業時間が19時までなので
注意が必要です。

スポンサードリンク


 

キャンプファイヤー可能

夜になったら
キャンプファイヤーが可能です。

夕方くらいに
ひっろーい広場のど真ん中に
スタッフのおじさんがセットしてくれます。

大人数でいくなら
絶対これはやったほうがいいです。
マストです。

ゆっくり火を見ながら語り合う。
最高じゃないですか??

別途1万円になるそうですが超オススメです。

※ちなみに僕はここで誕生日をサプライズで祝われて泣きました。

スポーツ出来る広場あり!


僕らが泊まったエリアはデカい広場がありました。
ここは思いの外広くて
色々なスポーツをして遊ぶことができます。

僕らはぷにぷにボールでの野球と
ドッジボールをして遊びました。
野球でフルスイングしても大丈夫なくらい
広々してます。

花火持ってきたり、
バドミントンなんかしても楽しそうですねー。

布団がフカフカ


僕らはバンガローへ宿泊なので布団、
掛け布団をレンタルしました。
このレンタル最高です。

布団めっちゃキモチイイです。
フカフカでめっちゃ良しです。

しっかりスタッフの人が
管理してるんだなぁと関心。

レンタル出来るからでぶらでオッケー

ここでは色んなものがレンタル出来ます。
僕らは管理が大変なので
全てレンタルすることにしました。

鍋、ご飯を炊く釜、包丁、まな板、お玉、ボール、
フライパンなどなど全てレンタルしました。

大人数で行く場合は
そんなにお金はかからないので
是非借りることをオススメします。

BBQ出来る


ここではBBQも出来ます。
僕らもBBQセットをレンタルし、
ひろーい広場でBBQをしました。

自然を感じつつ肉を焼いて酒を飲む。
こんな幸せなことはある?ないよね。

ちなみに僕らのBBQで
美味しかったメニューを紹介すると
ホタテバター、焼きりんごでした。

星が綺麗

僕らが行った24日は
台風の関係で日中、
夕方は雨だったのですが
夜のいい時間になると晴れたようです。

酔っ払って空を見ると満天の星空が。
ブルーシート敷いて寝転びながら
みんなで空を見上げました。

僕は酔っ払っていたので
そのままブルーシートの上で朝を迎えました。

意外と空いてる

8月の末頃キャンプの企画をし、
9月24日にやろうと決定しました。

しかーし関東だと空いてるキャンプ場が
ほとんどないんですよね。
千葉、埼玉、山梨の河口湖、茨城。
全部埋まってる。

途方に暮れてたところ見つけた
甲武キャンプ村。

山梨の山の中だから、
敬遠されたのだろうけど
全然遠くない。
新宿から2時間くらいで行ける。

ほんとここは穴場だから、
オススメ。

スポンサードリンク


 

注意ポイント

ここでは注意することを書いていきます。

近くに大型スーパーがない

電車からのバスで行く場合は
近くにスーパーがないので注意です。
乗り換え地点の奥多摩駅、キャンプ場周辺ともに
スーパーはないので、
新宿や立川などで買い出しをしてから
行くのがいいですね!

夜の足元が暗い

バス停、駐車場から
キャンプ場に向かうには
山道を通ります。
ここはやや足場が悪いです。
それに加え、
夜になると電気がほとんどないので
真っ暗です。
なので懐中電灯やライトを
持っていくと良いでしょう。

アクセス

キャンプ村のアクセス方法を紹介します。

まずは僕らが行ったルートを紹介しますと

新宿から奥多摩駅へ。
到着後駅出てすぐバス停があります。

ここで西東京バス丹波行き
に乗っていただいて
小室駅で降りるとキャンプ場前に到着します。

新宿から2時間半ほどでしたね。

こんな人にオススメ

 

僕は是非東京の大学生のサークル
なんかで行ってもらいたいなぁなんて
思います。

東京の自然を忘れた若者は
ここのキャンプ村で遊び尽くして
心をピュアにしてもらいたい。

好きな仲間と運動し、温泉入り
BBQして、一生の思い出を作れます。

そのためには
ここのキャンプ村はうってつけだと
僕は思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

このような記事を書いていると
またキャンプ行きたくなってきました。

東京はクラブなど
色々な遊び方がありますが
自然で大はしゃぎしてみるのも
いいんじゃないでしょうか?
そのためには今回オススメした
甲武キャンプ
是非足を運んでみてくださいね。

甲武キャンプ村の公式サイト、予約は
こちら

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

22歳。ネットを使ったプロデュース活動をやってます。 Podcast番組「伊藤広大の圧倒的ラジオ」のパーソナリティ。 現在はラジオと、このブログで人間関係をはじめとした様々な情報発信をしている。>>詳しいプロフィール