【爆発的行動】行動したいのに出来ないときの原因と対処法

行動したいのについダラダラしちゃう
あなたもこのような経験ありますよねー。

学生さんだったら
勉強しなきゃいけないんだけど
なんだか気が乗らないなぁとか。

ブロガーさんだったら記事書きたいけど
なんだか気が進まないだとかね。

あらゆる職業でも何かしらあると思います。
もはやこれ
日本国民全員のあるあるネタだろう。

ですので
今回はダラダラボーイダラダラガールのために

「ダラダラとはオサラバ!?行動力をバク上げしちゃう方法」
というテーマで記事を書いていきます。

この記事を読むことで
あなたは行動量がバク上がりして
あらゆることで成果が出てくるようになります。
なんで前はあんなにダラダラしたんやろか。。
って思えるようになるでしょう。

それでは前置きはこのくらいにして
記事の方に入っていきますね。

 

スポンサードリンク

 

やることあるのにダラダラしてしまう原因とは?

まずはやることがあるのに
ダラダラしてしまう原因を解説しますね。

ダラダラしてしまうのは
やらないということに
アクセスしやすくなってることが原因となってます。
やらないということに癖がついている状態ですね。

ダラダラしちゃうあなた。
部屋や机を見てください。
きちんと整理されていますか?
しっかり掃除されてますか?

こういう雑用を面倒くさがって
やらないとしましょう。

そうすると
メンタルの体力が落ちていき、
あらゆることが億劫になっていきます。

掃除をやらない→勉強もやらない
といった感じで
「やらない」が連鎖していくということですね。

学生時代を思い出してください。
部屋がきれいな人は成績良いイメージないですか?
また部屋が汚い、だらしない人は
宿題もやってこないようなヤツが多かったですよね。
(ぼくもその1人でした)

まあまとめると
1回やらないという選択をしたことで
やらないに対してアクセスしやすくなったってことです。

その原因としては
部屋が汚いだとか、
雑用や仕事にたいしてやらないという
選択をしているんじゃないってことです。

ダラダラを解消する方法とは?

ダラダラを解消する方法は
さっきの逆で、ほんの少しだけ
アクションをするってことになりますね。

何かに対してヤるということをすると
やるに対するアクセス力が上がります。

1個やると段々やる気が出てくるという感じ。

掃除や散歩、筋トレなどなんでも良いです。
なにかやってください。笑
なにかやることで
メンタル力が上がり
やるに対するハードルが下がります。

学生時代帰宅部で暇なやつって
ほとんど勉強できてなかったですよね。
それにくらべて
運動部でガッツリ運動やってるやつ。
時間ないはずなのに宿題とかしっかりやってるじゃないですか。
あいつらは
スポーツをヤってる→勉強もやる
って感じ。
いきなり行動力をあげるということは無理です。
徐々に徐々にやる力を鍛える。
トレーニング。
そういうかんじですね。

注意すべきポイント

さきほど何かやるということで
やるに対するアクセス力が上がり
行動力が上がるということを書きました。
ここで注意があります。

それはいきなり
ハードルの高いことをやらないということ。

ダラダラマンがやる力無いくせに
高いことやるとエネルギー尽きます。

筋トレで
いきなりバーベル100kgなんてあげれないでしょ?
まずは5kgとかでいい。
ちっちゃいところからやってくこと。

最初は部屋の掃除、
机の整理みたいなミクロのところから
はじめていく。
毎日それを積み重ねることで
行動料は上がっていく、

 

まとめ

 

今回の記事はどうでしたか?

ダラダラを解消するためには
とにかく何かやってヤルことにたいする
アクセス力を上げるということが大事だとわかりました。

このサイトを閉じたら
まずは掃除や散歩などから始めてみてくださいね!

では!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

22歳。ネットを使ったプロデュース活動をやってます。 Podcast番組「伊藤広大の圧倒的ラジオ」のパーソナリティ。 現在はラジオと、このブログで人間関係をはじめとした様々な情報発信をしている。>>詳しいプロフィール