フリースタイルダンジョン風に画像を加工する方法を解説 photoshop編

今回は
フリースタイルダンジョンの
コラ画像の作り方を解説していきます。

これを見ながらやれば
あなたもすぐにチャレンジャーの仲間入り!
うぇいよー。

それでは早速行きましょう。

スポンサードリンク

出来上がりの例


こんな感じでできます。

準備するもの

①背景の素材


これを使ってください

②使いたい画像を1つ

③入れる文字を考える

 

作る手順

背景画像を開く


まずはPhotoshopで先ほどの背景画像を開きます。

画像の切り取り

続いて貼りたい画像の切り取りに入ります。
今回僕は、
フリー素材サイトぱくたその茜 さやさんの
この画像で作りたいと思います!



自動選択ツールで対象の人物だけ選択し


先ほどの背景の上に貼り付け。

レイヤーのコピー

続いて下から伸びる剣だけを
人物の上に重ねたい関係でレイヤーのコピーをします。


上図のように背景のレイヤーを選択。
右クリック→レイヤーを複製


コピーできたら上の図のように背景で
人物をサンドしてください。

消しゴムツール


ここまで出来たら上図のようになってるはずです。
出来ていたらサイドバーから消しゴムツールを選択


剣残しで上から消しゴムをかけてください。
すると上記のようになります。

文字入れ

最後に文字入れやっていきましょう!

まずは文字のフォントですが
ヒラギノ角ゴシック W8
で上と下に文字を入れていきましょう。


とりあえずこんな感じになります。
文字のサイズは適宜変えてくださいね。
ここまで出来たら
最後に文字の装飾です。

文字の装飾

先ほど入れた文字に装飾を加えていきましゅ。

装飾するのは2つです。

1つ目は光彩(外側)
2つ目はベベルとエンボス
の設定になりますね。

まずは1つ目光彩ですが
文字の周りを光らせる設定になります!

上記のように

不透明度80%
ノイズ0
サイズ8px

に設定してみてください。


するとこの様になり文字が目立つようになりました。
次にベベルとエンボスの設定に入ります。

これをやることで
ゴツゴツした立体的な文字が出来上がります。

設定はこちら

スタイル→ベベル(内側)
テクニック→滑らかに
深さ→334%(ゴツゴツしすぎだなと感じる場合はここを調整)
サイズ9px

に設定してください。

完成


するとこのような感じになって完成です!

どうですか?フリースタイルダンジョンっぽいでしょ?笑

まとめ

今回の記事はどうでしたか?
このようにphotoshopを使えば
比較的簡単にフリースタイルダンジョンの画像を、
作ることができます!

photoshopが使えるという方は
是非一度チャレンジしてみてください!
こちらではワンピースの画像の作り方を解説しています。

君も海賊に!?ワンピース手配書の作成方法を解説!Photoshop編

ちょっとできなそうって方は時間があるとき
僕が作るので
@kodai_mc
に写真と文字を添えて連絡くださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

22歳。ネットを使ったプロデュース活動をやってます。 Podcast番組「伊藤広大の圧倒的ラジオ」のパーソナリティ。 現在はラジオと、このブログで人間関係をはじめとした様々な情報発信をしている。>>詳しいプロフィール